福岡市の肛門科・胃腸科 コロプロクリニック

胃腸科

潰瘍性大腸炎について

大腸の粘膜に炎症が起きて、下痢や腹痛がおこる病気です。

潰瘍性大腸炎では、大腸の粘膜に炎症が起き、粘膜がはれたり(潰瘍)ただれたり(びらん)しています。このためお腹が痛くなったり、頻繁に下痢をしたり、ときには粘膜から出血をして血便が見られます。

粘膜の炎症は、通常、外敵から身体を防御するためにはたらく免疫系が、なんらかの異常により自分自身の腸管粘膜を攻撃しているために起きていると考えられていますが、はっきりとした原因はわかっていません。

潰瘍性大腸炎の多くは、大腸に炎症があって自覚症状のある「活動期」と大腸の炎症が治まって症状がなくなる「寛解期(かんかいき)」を繰り返します。寛解期から再び活動期に移行することを「再燃」といいます。

大腸の役割

大腸は盲腸、結腸及び直腸からなります。盲腸と結腸は水分を吸収して便を形作り、直腸は排便をコントロールする役割を担っています。

大腸

潰瘍性大腸炎活動期の主な症状

食欲不振 腹部不快感 腹痛 下痢 粘血便  
発熱 疲れやすい 倦怠感 貧血 体重減少

大腸粘膜の様子

検査について

画像による検査を行います。炎症の範囲や粘膜の潰瘍やびらんの状態を観察し、その後の治療方法を決める重要な検査です。
画像検査には、肛門から内視鏡カメラを挿入して大腸内を観察する大腸内視鏡検査と、肛門からバリウムを注入してレントゲン写真を撮る注腸X線検査がありますが、近年は大腸内視鏡検査が主に行われています。

pagetop